Menu

コーティングについて

Home

コーティングについて

コーティングにも種類がございます。

コーティングにも種類がございます。

当社でのコーティングは大きく2種類に分けられます。
『ガラス系コート』と『常温ガラスコート』です。
前者、『ガラス系コート』の特徴は撥水効果が高く、施工直後は輝きを顕著に感じることができますが、後々汚れやすいというデメリットもございます。

後者の『常温ガラスコート』は撥水効果と引き換えに水滴が「とどまらない」ボディを完成させます。施工直後、見た目のキラキラ感は前者と比べて少しだけ劣りますが、後々、水アカの付きにくい長持ちするコーティングになります。

ガラス系コート

ガラス系コート

『ガラス系コート』はガラスの繊維を付着させるコーティングの種類です。
撥水効果が高く、最初の仕上がりの際には表面の輝きを顕著に感じることができると思います。
(価格はガラス繊維の含有量によって変動いたします。)

イメージとしては図1のように、ガラスの棒を幾重にも重ねて張っているイメージです。

見た目の効果はわかりやすいのですが図2のように繊維の間に汚れ(油分)が入ってしまいやすく、後々、取れにくくなってしまいます。

また、撥水して水が玉状になって表面にとどまるので水アカの原因になりやすいという弱点もございます。

常温ガラスコート

常温ガラスコート

当社おすすめのウルトラコートがこちらにあたります。
石英(セキエイ)、ガラスそのものを車にコーティングします。
車の表面にガラスの板を付けるイメージです。

実質、半永久的な耐久性を持ちますが、フロントガラスなどと一緒で、5年を目安に少しずつコーティングが濁ってくる場合があります。
輝きなどが気になる方は5年を目安に再度、塗り直しをおすすめいたします。

ウルトラコート

ウルトラコート

カルナバロウ(ロウ)が最初の一ヶ月は水を「はじき」ます。
それというのも、一ヶ月経つと「はじかなく」なるからです。このコーティングの特徴は施工して6時間で90%の成分が硬化します。
ただし、残りの10%が硬化するまで一ヶ月かかりますので、その間は手洗いで洗っていただきます。

一ヶ月でロウが落ちると撥水効果と引き換えに水滴が「とどまらない」ボディが完成します。
この段階までいくと「ガラス系コート」とは違う、水アカの付かないコーティングになるのです。

当社がウルトラコートをおすすめする理由

【耐久性】
ガラスが完全無機質なので粘着性が高い。

【硬度アップ】
コーティング剤が完全硬化した後は硬度が3~4アップします。ノブなどに爪傷などが付きにくくなります。

【疎水性】
水滴が「とどまらない」ボディの完成により、雨水などによる塗装の劣化を防ぎ、ウォータースポットもできにくくなります。

【光沢性】
鏡面反射率が1.8倍~2倍に。そのため太陽熱を蓄積しにくくなり、エアコン使用時の燃費を約10%改善。

【防汚性】
汚れが付着しにくく、さらに落としやすいボディになります。

料金表

サイズ/メニュー ポリマー クリスタル
(ガラス系)
ダイヤモンド
(ガラス系)
ウルトラコート
(常温ガラス)
7,000円 15,000円 30,000円 50,000円
コンパクト 8,000円 17,000円 35,000円 60,000円
5ナンバー 9,000円 19,000円 40,000円 70,000円
3ナンバー 10,000円 21,000円 45,000円 80,000円
1BOX・RV 11,000円 23,000円 50,000円 90,000円
※価格はコーティング剤の市場価格によって変動する場合がございます。

【その他のサービスメニュー】
◆シートクリーニング 1台 20,000円
◆ボディ研磨 5,000円~
◆ライトレンズ磨き 1台 15,000円~

車検・鈑金・整備等も承っております。
お気軽にご相談ください。 >>施工の流れのページはこちら
企業様へは業販価格でのご対応をさせていただきます。
現地施工にも対応いたしておりますのでお気軽にご相談ください。
TEL:093-752-5577
FAX:093-752-5533
コーティングにも種類がございます おすすめは常温ガラスコート ウルトラコート
カーコートウォーク